×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今こそ「週間実話」版鬼太郎じゃ!
田中ゲタ吉翼賛会(仮)@
〜今回の名言〜  『逆にババアの中にスネーク(蛇)のように入れてかきまわしてやりますよ』
2009/1/23 [UP]

『この物語はフィクションです』(棒読み)
 Vol.1 「(● ●)」

 人は誰でも夢を持って生きている。
こんなハゲ散らかした俺も例外ではない。

きっかけはドリフだったか? 定かでは無いが、子供の頃から人の鼻の穴に指を突っ込みたくて仕方なかった。  昼寝をしている近所のばーちゃんに鼻指して、親父にチクられ、こっぴどく怒られた…。
ばーちゃんは10数年前に死んでしまったが、この事を思い出すと今だに『チクんじゃねーよ!ババァ!』と怒りが込み上げてくる。

だが、人に指を突っ込まれて怒らない人はいないだろう。
身内ですら、こうなのだ。
シブがき隊なら最高の笑顔で『100%… SOかもね!』と言うだろう。3人の断言は強力だ。
俺が鼻指をする理想の相手は怒ったり、殴ったりせず、民事だ、刑事だと言わない人だ。だが、そんな聖人はいない。
最近、鼻指の欲求が強くなり、眠れない夜が続いた。
『こんな時にド●えもんがいたならなぁ』
安直にこう思ってしまうのも、小学生の頃からだ。
実際そんなにドラ●もんを見ているわけではない。覚えている道具だって、タケコプター、どこでもドア、タイム風呂敷くらいだ。
あ、テストの前にやたらパンを食った話!暗記パンだっけか?それ今、思いだした!

いかん!今はドラえ●んの話じゃない。
大体ドラえも●に、人に鼻指したいと相談して、どんな道具を出してくれるというのだ。
そこで、俺が思いついたのが、限りなく人の形をしたものを対象にする事だ。
そして偶然、手頃な像を見つけた!
X'mas直前、これは神様が俺にくれたチャンスだ。
しかし、いざ目の前に立つと、像とはいえ人型だ。やはり緊張する。
辺りを見回し、人がいない事を確認し、そっと手を伸ばす。
像と目が合う…。
躊躇してしまった。
頑張れ、俺!自分を信じろ!俺ならやれる!必死に自分を奮い立たせる。
長年の夢を叶えるチャンスだ!今だ!ナウ!!!

…その瞬間は、あっけなくやって来た。
わずか数センチ、腕を伸ばすと2本の指に冷たく、固いものがあたった。
いつのまにか閉じていた目を開ける。
像の鼻の穴に、俺の指が2本、ぶっすりと入っていた−。

家に帰っても、なかなか実感がわかなかった。
像にハードルを下げたとは言え、夢を叶えたのだ。
相手は、俺に指を鼻の穴に刺されたまま、笑顔だった。
理想通りじゃないか?そう!とうとう俺はやったのだ!
小さな夢でも、叶えると以前の自分より成長したと思えるものだ。
それが、たかが鼻指でも…。

2度目の鼻指は、落ち着いていた。
像の隣に、帽子から足元まで全身ベージュのおばちゃんが立っていたが、気にしない。
鼻指にもギャラリーは必要だ。
それに、俺が興味あるのは像だ、ベージュのおばちゃんではない。
さっと指を2本立て、力強く腕を伸ばす。
グイっと鼻の穴の確かな手応え。
記念写真まで撮る余裕っぷり。
う〜ん…クール!
自分を誉めた。
眠れない夜はもう来ない。 今、俺は充実している。



 Vol.2 「あいむ らびんいっ」

 今日、俺はついていない−。
そんな気がするのは、朝〇ックでの出来事からだった。

ドライブスルーでハッ〇ーセットを2個注文した。
鬼〇郎のオモチャが欲しいからだ。
全8種類でトーキング機能が付いている。
2個注文したのは、もちろん、フルコンプを狙っているから。
注文した後、店員の言っている事が聞きとれなかった。
若い女の声だ。
俺は最近のコムスメの、空気が漏れているような舌足らずの発語の、ヒアリングが苦手だ。
支払い額は自分で計算して解るが、その後何を言っているのか?
何度聞き直しても解らない…。
バックミラーを見ると後続車がいる。
前に進めと言ってたんだと分かった。
会計でのコムスメの言葉も解らなかった。
『ハッ〇ーセット、お2つで880円になります』と言っているのに決まっているんだが、
『ヒューマシャ、ヒャーヒャウヒャウシュ』に聞こえる。
俺はもう駄目だ…。
この時代を生きていく資格がない…、そう思えた。

『女優の娘は、どうして美人の母親に似てないんだろう?』等と考えながら、帰途に着いた。
部屋に戻って速攻、2つのオモチャを見ようと袋を持った瞬間、嫌な予感がした…。
………(絶句)。
同じ、親父が2個…。
袋を触れば 同じ物だと解るだろうが!
コムスメのバカヤロー!
箱じゃね〜んだ、袋だぞ?簡単だろ!
ましてや目〇親父だ。1番、わかりやすくはないか?
わざわざ2セット頼んでいるんだ、気付けよ!
何言ってるか解らないコムスメに、オモチャ運を託すしかないオレ…。 頼むから、オモチャを客に選ばせてくれよ…。
同じ事を喋る、2体の親父。
音声が荒く、3つの発言のうち、『鬼〇郎!』しか聞きとれない。 あの〇ックのコムスメのようだ。
チーズバーガーとポテトとファンタオレンジを、いつの間にか完食していた。
ハッピーとは、名ばかりなり!


水木ファン界のテロリスト

デカくする デカくする


[電界フハッ] / ■HOME<<[ゲタ吉翼賛会] / ■BUCK<<[ゲタ吉翼賛会A 2009.02]

2009.01/23 UP
Copyright MIZUKI DENSETSU. 2009 All Rights Reserved