×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[携帯用]
今こそ「週間実話」版鬼太郎じゃ!
田中ゲタ吉翼賛会(仮)
〜今回の名言〜  『 百万円でおまかせください 』
「二人狸」
2009/12/8 [UP]


別窓表示

別窓表示
PS. フハッ掲載分、次回からは何とか画質対策しまス‥


ゲタ吉翼賛会・バックナンバー

■MORE>> 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10

■MORE>> 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20

■MORE>> 21 /


ザ・牛喰いのプロフェッショナル
Vol.30 「 ナイトメア・ビフォア・クリスマス 」


 今日はクリスマスイブ。
クリスマスになるとスペアリブが食べたくなる。
その理由は数年前の12月に遡る。


大学時代からの友達に肉屋の娘がいた。
その肉屋の娘は、俺の友人と付き合っていた。
そいつは水商売をしていて、巨根だった。
あまりの巨根ゆえに、みんなから『 馬 』と呼ばれていた。
みんなで温泉に行って並んで体を洗っていた時、誰かが湯を流したら、いきなり
『 熱い!』
と馬の声がした。
イスに座って亀頭が床についていたのだ。


12月の半ば、もうすぐクリスマスという頃、肉屋の娘に
『 ウチに遊びに来て 』
と呼びだされた。
俺は喜んで遊びに行った。
理由は、遊びに行くと、いつも親父が、自慢のスペアリブを焼いてくれるからだ。
肉屋の親父は
『 肉は骨付きが一番ウマい!』
とこだわりを持っており、厳選されたスペアリブは、流石にハンパない美味さだ。

肉屋の娘の部屋に入ると、早速スペアリブが出された。
俺は一気にテンションが上がり、肉にかじりついた。
肉屋の娘が喋り出す。

『 昨日、馬のアパートに行ったら…』

クレイジーソルト好きの俺に合わせて、ブラックペッパーとピンクペッパーがふってある。

『 玄関に女のブーツがあって…』

ハーブの香りもいい。
厳選された肉なので臭みがないから、ハーブの香りが爽やかに口の中に広がる。

『 馬が、びっくりした顔で玄関に出てきて…』

塩加減も絶妙!
肉汁の甘さが引き立っている。

『 このブーツ、誰の?って聞いたら、馬、何て言ったと思う?』

柔らかくて、少し噛んだだけで、溶けるような舌触り。

『 俺の!って!』

骨からも、すんなりと肉が離れる。
肉もいいが、焼き方、味付けも最高!
ヤバい!ヤバすぎる!
流石だ、親父!

『 ちょっと!肉ばっか食べてないで、何か言ってよ!』

肉屋の娘は、俺からスペアリブを引ったくった!
中学時代、カツアゲでならした強引さは、いまだ健在!


『 女癖が悪いの、知ってて付き合ったんだから、仕方ないやろ 』

スペアリブを見ながら、答えた。
心の中では、
『 はい!何か言いましたよ。もう食べていいですか?』
と聞いていた。

『 そりゃ、そうやけど…。
 クリスマス前ってひどくない?』

人が食ってるスペアリブを引ったくる方がもっと、ひどくない?

『 も〜!最悪〜!ねえ!クリスマス付き合って〜!』

俺、最悪〜!

というワケで、その年のクリスマスは、肉屋で肉三昧。
親父は、俺の食いっぷりが気に入ったと、喜んでいた。
俺も、親父の焼いた肉が気に入った!

と、言うわけで、肉屋の娘とはいまだに仲良くしている。
イヤミをいわれながらも、スペアリブをかじる俺は、三度の飯より、肉が好き。






『逆鱗オヤジ』

ご先祖様と田の中勇氏に申し訳がたたぬーっ






PHOTO / SATO




きたれ
ノンジャンルで
 ネタ募集!
的な出し物募集してます



水伝WEB海賊版
-妖怪壁紙-
水伝 壁紙ダウンロードページへ
[第四弾]


水木しげる公認FC 水木伝説
水木伝説 入会要項
水木伝説 入会要項
入会募集しています

―水伝海賊版―
ジオラマ写真保管庫
妖怪道場破り
オレタチ きょうしん族
ゲタ吉翼賛会

水木ファン界のテロリスト
水木サイトサーチ
コミックルーム
さ と
 さ と 
乙女座の怪人
乙女座の怪人
水木伝説
水木伝説 TOP
モバイル版
モバイル版
問合せ
Copyright MIZUKI DENSETSU. 2009 All Rights Reserved