×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[携帯用]
御大は画業60周年 このコーナーの悪行はまだ1周年
田中ゲタ吉翼賛会(仮)
〜今回の名言〜  『 女体研究部に入ってたんだ 』
2010/6/25 [UP]

NEW 「続・ゲゲゲの鬼太郎」〜「新・ゲゲゲの鬼太郎」概要@
水木ファン界のテロリスト



『パンク鬼太郎、タイーホさる』







PHOTO / SATO



刑事「昼か…かつ丼でも食べろ」
鬼「え?あ…   キュウリ…
  ありますか?」





刑事「…キュウリだぁぁぁぁ!!!???」
もしゃもしゃもしゃ
目「キャ――ッ」


水木ファン界のテロリスト

別窓表示

別窓表示


ゲタ吉翼賛会・バックナンバー

■MORE>> 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10

■MORE>> 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20

■MORE>> 21 / 22 / 23 / 24 /


Grand Royal
Vol.33 「 ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! 」


 ビースティーボーイズ来日公演の時の話だ。
チケットが取れた俺は浮かれていた。
当時はビースティーズに夢中だった。
毎日ビースティーズの音楽を聴き、ビデオを見ていた。
若かったせいもあり、自分もマイクDみたいになれると思い込んでいた。
ビースティーズの着ていた服やスニーカーを真似して、ビースティーズの好きなもの全部を好きになろうとしていた。

ビースティーズを見に行く日、俺はX−LARGEに身を包み、友人の迎えを待っていた。
時間ちょうどにやって来た友人は、玄関先でウチのおかんに捕まった。

ヤバい!素人がおかんに捕まると、自力では逃げられない。
今、助けに行くぞ!
俺はダッシュで階段を駆け下り、友人を掴み、車に乗り込んだ。
おかんは叫びながら、漬け物が入ったタッパを待って近づいて来る!
『早く出して!』
アメリカのサスペンス映画さながらに、おかんの漬け物攻撃から逃げた後、気になる事を聞いてみた。
『おかん、何言ってた?』
『どこに行くの?って。ゲタ吉は何も言わないからって』
言ったとしても聞いてないだろう。
『そんで?』
『ビースティーズ見に行くって。
いいねぇ!って言ってたよ。
おかん、ビースティーズ知ってんだ〜』
知るわきゃない。
『あの、漬け物は?』
『いらんって言ったのに、持ってけって』
ま、いーか。

そのまま、おかんの事は忘れた。


ビースティーズが出てきた途端に、テンションはピークに達した。
マイクD、意外とでけぇ!
クラブチッタは床が揺れてるのか?と思う程に盛り上がって、記憶が飛んでしまった。


翌日、昼間から部屋で寝てると、近所のオバちゃん達の会話が外から聞こえた。
『田中さんちのゲタ吉ちゃん、ビートルズ見に行ったんだって!』
『アラー!ハイカラやねぇ!』
『ねぇ!ビートルズって生きてるの?誰か死んでなかった?』
『そうだった?ベートーベンなら死んだけど』
『そりゃ、あんた、ベートーベンは死んでるわ〜。アレ、私らの若い時からの人だし〜』
『ハハハハハ!』

う、嘘〜ん…。

ビートルズを好きだった事は、生まれてこのかた、1度も無いし、まともに聞いた事も無い。


試しにおかんに聞いてみた。
『俺が昨日、何を見に行ったか知ってる?』

意外な返事が、自信満々に返ってきた。

『知ってるよ!
ずうとるび!』

……。
更に発酵させている…。





水木ファン界のテロリスト

Copyright MIZUKI DENSETSU. 2010 All Rights Reserved